ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 企業団本部 > 水質情報 > その他 > 旧高松市上下水道局水道水質検査優良試験所規範(水道GLP)認定の更新

旧高松市上下水道局水道水質検査優良試験所規範(水道GLP)認定の更新

印刷用ページを表示する更新日:2018年4月20日更新 <外部リンク>

 旧高松市上下水道局では、平成21年2月に(公社)日本水道協会の「水道水質検査優良試験所規範(水道GLP)」を取得し、平成29年2月認定を更新しました。このことにより、水質検査体制と検査結果の精度が高い水準にあることを客観的に保障されたことになります。
 今後も水道GLPを維持・改善してお客さまに一層の安心と信頼を提供させていただきます。

 ※平成30年4月から旧高松市上下水道局浄水課水質管理センターは香川県広域水道企業団水質管理課となりますが、水道GLPを継続します。また、府中分室及び丸亀分室についても平成30年度中に認定審査を受ける予定です。
 

GLP認定証の画像認定証授与式の写真

認定内容

【認定機関】
公益社団法人日本水道協会水道GLP認定委員会<外部リンク>
【認定日】
平成29年2月24日
【初回認定日】
平成21年2月24日
【適用基準】
水道水質検査優良試験所規範
【水質検査機関名】
高松市上下水道局浄水課水質管理センター
【認定範囲】
対象:水道水・浄水
項目:水道水質基準項目(51項目)
【認定番号】
JWWA-GLP044

 

 

水道GLPとは

GLPは「Good Laboratory Practice」の略語で、「優良試験所規範」と訳されています。水道GLPは、GLPのうち水道の水質検査に特化したものであり、水道事業体の水質検査部門や民間の検査機関等が管理された体制の下で適正に検査を実施し、水質検査結果の精度と信頼性の保証を確保するための制度です。このため、水道GLPの認定取得には、品質管理が適切に行われていることを保証する体制と、技術力を証明する検査能力が求められます。認定取得には、(公社)日本水道協会水道GLP認定委員会による審査を受ける必要があります。


トップページ > 企業団本部 > 水質情報 > その他 > 旧高松市上下水道局水道水質検査優良試験所規範(水道GLP)認定の更新