ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

節水にご協力ください!

印刷用ページを表示する更新日:2019年5月21日更新 <外部リンク>

水は限りある大切な資源です。
節水をお願いします。

多度津町における水道水源は、豊原地区にある浅井戸水と深井戸水が主であり、香川用水からの受水も含めて良質な水を供給しています。
近年では、国をあげて環境問題が議論され、本町を取り巻く環境も時代と共に大きく変化しており、限りある大切な水資源を取り巻く環境は、年々厳しくなってきております。
四国の水がめである早明浦ダムの貯水量も例年に比べかなり少ない状態であり、春から夏場にむけ水道の使用量が大幅に増加することから、渇水による水不足が懸念されています。町民の皆様には節水に努めて頂くようお願い申しあげます。

私たちにまずできること

 自主減圧

  1. メーターボックス内にある止水栓の位置を確認してください。
  2. 水道の蛇口を全開にして水量の確認をしてください。
  3. 止水栓を右に回し、1度完全に閉めてください。水道の蛇口で水が止まっていることを確認してください。
  4. 閉めた止水栓を左に1回り開けて、蛇口の水の出を確認してください。通常の半分くらいの水量であれば完了です。

*注意事項

  • メーターボックスや止水栓の場所が分からない場合は、香川県広域水道企業団多度津事務所までお問い合わせください。
  • 止水栓バルブを閉めても水が止まらない場合や、止水栓が動かない場合は、香川県広域水道企業団多度津事務所までお問い合わせください。
  • 瞬間湯沸器などを使われている場合等は、自主減圧により正常に動作しないことがございますので、正常に動作するか確認し、正常に動作しない場合は止水栓を少し開けてください。

 日常生活においてすぐにでも実行できる「節水」について

朝、起きて

  • 洗面、歯磨きは洗面器やコップを使い、水を流しっぱなしにしない。
    →1分間に約12リットル程度の節水効果

台所では   

  • 炊事は水の出を調節して、食品や食器は「ため洗い」する。
    →1日に80リットル程度の節水効果

洗車では

  • バケツ洗いで行う
    →流しっぱなしのホース洗車では1回210リットル程度の節水効果

お風呂では

  • 風呂水を減らして使用
    →35リットル/日程度の節水効果
  • シャワーはこまめに閉めて使用時間を減らす
    →1回35リットル程度の節水効果

洗濯では   

  • 風呂の残り湯を初期使用
    →1回40リットル程度の節水効果

掃除や散水では

  • 風呂の残り湯を使用
    →1回20リットル程度の節水効果

節水グッズの活用

巷のホームセンター等では、意識せずとも自然に節水できる便利グッズが販売されています。価格も手頃なものもございますので、お近くのホームセンターで探してみてはいかがでしょうか。
*最近の機器は最初から節水型となっているものが増えています。その様な機器に節水グッズを取り付けても、効果がないどころか逆に機能が低下する可能性がございますのでご注意ください。

節水型器具のススメ

家のリフォーム・家電の新規購入や買替等を検討されている方はぜひ節水機器の購入を検討されてはいかがでしょうか。

代表的な節水機器や家電等

  • 洗濯機
  • 食洗器
  • トイレ
  • 水栓など

以上、一人一人がまずできることから取り組んで節水に心がけ、限りある資源である水資源を無駄の無いよう有効に使用していきましょう。