ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 高松ブロック統括センター > 事業者の方へ > お知らせ > 【高松ブロック統括センター】埋設確認のお願い

【高松ブロック統括センター】埋設確認のお願い

印刷用ページを表示する更新日:2020年4月1日更新 <外部リンク>

埋設確認のお願い

工事の際は、水道管の埋設位置を確認してください

埋設位置の確認が必要なときは、起業者及び施工者のどちらかが高松ブロック統括センターに来ていただいて、〔地下埋設物確認協議等申請書〕を提出してください。(住宅地図名称及びページも記入して提出)

埋設位置確認及び資料作成にはお時間をいただく場合がありますので、事前に申請書及び位置図等をFaxで送付頂きますと、(Fax:087-839-2749)回答書が出来ましたらご連絡差し上げます。

水道整備課窓口で申請書の原本及び添付資料一式と引き替えにて回答書のお渡しとなります。

 

※工事の際の注意点 (以下の点に注意して、作業をお願いします。)
 

  1. 企業団高松ブロック統括センター提供図は「参考図」であり、必ずしも水道管の「正確な位置」を表示していないことを認識の上、試掘等による埋設状況の確認を行ってください。
     
  2.  現地立会は、原則行っていませんので、掘削時には参考図を必ず現場に携帯してください。
    また、掘削に伴い、給水管埋設位置表示ピンや埋設シート等の表示施設に触れた場合には必ず原形復旧願います。
     
  3.  機械掘削時は刃先責任者を配置の上十分注意して掘削することとし、水道管から50cm以内については必ず「手堀り」とすること。その上で、水道管路の露出確認を行い、適切な防護策を講じてください。
     
  4.  宅内の掘削・給水管については、給水台帳を確認してください。台帳は【給水課 給水指導係】にあります。
    ※給水台帳のコピーは、本人が来ていただくか、本人の委任状が必要となります。
     
  5. 水道管が工事の支障となる場合は、改めて、協議願います。
     
  6. 万一、誤って水道管を破損したときは、直ちに【水道整備課 漏水修繕係(電話:839-2761)】に連絡してください。
     

工事によって水道管を破損させた場合(道路宅内を問わず)、その復旧にかかった費用全額が、原因者の負担となります。

地下埋設物確認協議等申請書 [PDFファイル/43KB]

地下埋設物確認協議等申請書 [Excelファイル/34KB]

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)


トップページ > 高松ブロック統括センター > 事業者の方へ > お知らせ > 【高松ブロック統括センター】埋設確認のお願い